サスティの白髪染め情報について

忙しい方の白髪染め

一般的に、白髪染めはどのような頻度で行ったらいいのでしょうか?

見た目をきれいに保つためには、1ヶ月に1度は、白髪染めが必要になります。

前に染めてから1ヶ月がたったら、白髪が目立つようになるからです。

早めに白髪染めをしたら、それだけ常によい印象を保てます。

逆に、2,3ヶ月以上も白髪染めをしないで放っておいたら、見た目の印象が悪くなります。

できたら、1ヶ月に1度は白髪染めをして、見た目の若々しい印象を保ちたいですね。

けれども、忙しかったりしたら、1ヶ月に1度の白髪染めは少し難しいかもしれません。

その際には、部分染めを使ったりしましょう。

部分染めを上手に取り入れたら、年中白髪染めに追われていなくても、美しい見た目を保つことができます。

白髪が目立ってくる場所は、いつも同じです。

その場所を重点的に染めていったら、毎回全体染めをする必要がありません。

生え際、頭頂部などのポイントを、部分染めをしてカバーしたいですね。

そうすれば、忙しいあなたでも、白髪染めの手間をかけることなしに、髪の毛の色をキープすることができます。

初めての白髪染め

30代の後半から、40代に入ったらどなたにも、白髪は出てきます。

体質や環境、食べ物、ストレスなど、白髪ができやすくなる状態は、いくつかあります。

しかし、寄せる年齢には勝てないで白髪が出てしまいます。

ですから、白髪をそのままに放っておいたら、年齢のサインを放っておいたようでいい気分はしません。

白髪を見つけたら、すぐに気にして白髪染めをされる方がほとんどです。

多くの方が、始めは市販の白髪染めをドラッグストアーなどで購入されて、使ってみます。

初めてのサスティ白髪染めは、その勝手が分からないので、失敗してしまうこともあるのです。

自分が思っているよりも黒く染まりすぎてしまったり、反対に、よく染まらなかったりします。

しかし、何回か失敗を繰り返すと、コツもよく分かってきます。

自分にはどんなカラーが合うのか、またはどの程度の分量を使えばいいのかなどです。

2,3回もチャレンジしたら、自分1人でも白髪染めができるようになります。

そのあとも、染めるたびに上手になっていくでしょう。

こうやって、すぐに白髪染めが上手にできるようになるのです。

白髪染めのパッチテスト

白髪染めによるアレルギー反応は人それぞれで、体質によっては急激なアレルギー反応がおこる場合もあります。
自分がアレルギーだと自覚せずに使ってしまえば、命の危険の及ぶことさえあり得るのです。

そんな白髪染めの危険性を回避するためにも、パッチテストは欠かすことができません。
面倒くさいからやらないという方もいるかもしれませんが、安全に白髪染めを使用するためには、決して欠かすことのできないステップです。

パッチテストは、1剤と2剤を少量ずつ混ぜたテスト薬剤を作って行います。
テスト薬剤を腕の内側に塗り、48時間放置します。
皮膚が柔らかく、万が一かぶれてしまっても目立ちにくいので、テスト箇所は二の腕の内側が最適です。

コイン大ほどの大きさに伸ばし、そのまま自然乾燥させてください。
しばらく待っても乾かない場合はティッシュペーパーなどで優しく抑えます。

テスト薬剤を塗布してから30分後と48時間経過後の肌の状態をチェックして、何も変化がなければ白髪染めを使っても問題ありません。
湿疹・赤み・かゆみなどのトラブルが起こった場合は、患部をキレイに洗い流します。
症状がひどい場合は医師の診察を受けてください。

アレルギーはその人体調によっても出方が異なるので、白髪染めを使用する際には、できれば毎回このパッチテストを行っていただきたいと思います。

白髪染めの染まる仕組み

髪に塗ってしばらく置くだけで、白髪を目立たなくしてくれる便利な白髪染め
当たり前のように使用している白髪染めですが、一体なぜ髪の毛が染まるのかご存知ですか?

白髪染めの中でも最もポピュラーなヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜて使うタイプのものが多いようです。
1剤と2剤を混ぜた混合液を髪の毛の塗布することによって白髪を染めて行きます。

1剤には、「酸化染料」と「アルカリ剤」という2つの成分が含まれています。
アルカリ剤とは、髪の内部に色素を浸透させる役割を担う成分です。

髪の毛の表面は、キューティクルと呼ばれるうろこ状のもので覆われています。

このキューティクルは髪の毛のバリアのようなものなので、そのままでは色素は浸透しにくい状態です。
このキューティクルを開かせて、染めるための準備を整えるのがアルカリ剤なのです。

白髪染めの安全性

白髪染め、特にヘアカラーで頭皮がかぶれた、かゆくなった、髪がパサついたなどという話を聞くことがあります。
薬を使って髪の毛に色素を定着させるのですから、外部からの刺激に弱い敏感肌の方の場合は、かぶれてしまうこともあります。

確かに便利な白髪染めではありますが、下手をしたらかぶれてしまうような薬剤を使って、本当に私たちの体に悪影響はないのでしょうか?

多くのヘアカラーには、「パラフェニレンジアミン」という成分が含まれています。
このパラフェニレンジアミンには、強いアレルギーを引き起こす作用があるのです。
アレルギー体質だという人は、ヘアカラーを使用する際に十分注意する必要があります。

パラフェニレンジアミンを含む白髪染めをアレルギー体質の人が使用した場合、頭皮が痒くなったりかぶれたりすることがあります。
ひどい場合には、顔・口唇・喉などの激しい痛みや咳、呼吸困難を引き起こすことがあります。

大人の場合、白髪染めの一回目から強いアレルギー症状が現れるというわけではなく、染毛を何度も繰り返していくうちに強い症状があらわれるようになります。
黒みの強いものほどパラフェニレンジアミンの含有量が高い傾向があります。

特に初老の年代の方は、化学物質による影響を受けやすいので、サスティ白髪染め使用の際は、パッチテストをきちんと行うなどの対策が必要です。

サスティの白髪染め情報カテゴリー項目一覧

白髪染め

カテゴリー
更新履歴
忙しい方の白髪染め
2011年5月29日
初めての白髪染め
2011年3月21日
白髪染めのパッチテスト
2011年3月 7日
白髪染めの染まる仕組み
2011年3月 5日
白髪染めの安全性
2011年3月 3日