トップ > 白髪染め > 白髪染めの安全性

白髪染めの安全性

白髪染め、特にヘアカラーで頭皮がかぶれた、かゆくなった、髪がパサついたなどという話を聞くことがあります。
薬を使って髪の毛に色素を定着させるのですから、外部からの刺激に弱い敏感肌の方の場合は、かぶれてしまうこともあります。

確かに便利な白髪染めではありますが、下手をしたらかぶれてしまうような薬剤を使って、本当に私たちの体に悪影響はないのでしょうか?

多くのヘアカラーには、「パラフェニレンジアミン」という成分が含まれています。
このパラフェニレンジアミンには、強いアレルギーを引き起こす作用があるのです。
アレルギー体質だという人は、ヘアカラーを使用する際に十分注意する必要があります。

パラフェニレンジアミンを含む白髪染めをアレルギー体質の人が使用した場合、頭皮が痒くなったりかぶれたりすることがあります。
ひどい場合には、顔・口唇・喉などの激しい痛みや咳、呼吸困難を引き起こすことがあります。

大人の場合、白髪染めの一回目から強いアレルギー症状が現れるというわけではなく、染毛を何度も繰り返していくうちに強い症状があらわれるようになります。
黒みの強いものほどパラフェニレンジアミンの含有量が高い傾向があります。

特に初老の年代の方は、化学物質による影響を受けやすいので、サスティ白髪染め使用の際は、パッチテストをきちんと行うなどの対策が必要です。

白髪染め

 | 次の記事

関連記事
カテゴリー
更新履歴
忙しい方の白髪染め
2011年5月29日
初めての白髪染め
2011年3月21日
白髪染めのパッチテスト
2011年3月 7日
白髪染めの染まる仕組み
2011年3月 5日
白髪染めの安全性
2011年3月 3日